2016年12月5日月曜日

25.ハラフロムヘルの単独公演に行きました

2ヶ月弱の放置となり、いつの間にやら年の瀬・・・。なんてはやい、時の流れ。小学校6年生の卒業式ばりの定型フレーズが頭をよぎりますが、未だにブログを書こうと思わせていただきました。表題のハラフロムヘルの単独公演によって。めずらしくホットな心地である。ライブ終了から数日が経とうとしているが、未だになんだかそうであるから、これは書かねばなるまい。

さて、すでに皆さんの記憶からも消えかけているであろう、元・我らがバンド、なんとかパンツなんとか。そんなイマイチ花のなかったバンドの肉だまり担当であった、ノッポやきそば、ミートマウンテンこと内山がハラフロムヘルに入ってから半年くらい経ったらしい。

せわしなく過ぎる毎日ですから、彼の加入から俺は一度もハラフロムヘルを見ていなかった(というかライブ自体あんま行かなかった。もともとそんなに見に行く人間ではなかった気もする。)

「パッチケーブルで繋げばエフェクターの電源は一つでいいと思っていた」という驚きエピソードを持つ佐々木も福岡からはるばるやってくるということもあり、そんな旧友との再会も楽しみにしておった。我々、解散後もネット上では毎日会話が飛ぶ感じで、仲は良い方。しかしみんなが集まることはなかなかないのがドラマティックである。

そんなこんなで驚くほど久しぶりのレッドクロスへ行き、せっかくだから肉山がよく見える位置にて佐々木とライブ観戦した。
ここ、割合重要である。なんというか、ライブは観戦だ。以前、美学みたいなものに興味があったときに書籍から得た情報の一つ。音楽みたいなもののハイファイさを求めるのであれば、CDを聞いておけばよい。ライブはスポーツ観戦みたいなもので、かなり熱を持ったものだ。とりわけロックを聞こうとしているのだ。そりゃもう、観戦だ。

そしてライブは幕を開ける。続々と見知った曲が演奏されていく。内山君もなかなかはまっていたように感じた。恥ずかしい話なのかもしれないが、俺は肉山から出会ってから良くも悪くも彼に影響を受けまくっているので、彼の弾くフレーズみたいなものはズビズビとクるものがある。総じて心地の良いものだった。
結果として演奏は2時間ちょっとあった。その1時間半くらいのあたりでやばい時間がはじまる。俺は全ての曲を知っていたのだ。全部の曲知っているバンドなんて数えるほどしかないのに。
そんなところから、曲を聴きつつ、ワウパンというバンドをやっていた5年くらいの期間が急にフラッシュバックしてきた。

当初、バンドなどちゃんと組んだこともない、ライブなどほとんどやったこともない。そんな俺は対バンの曲なんかをライブ毎にチェックしてた。千葉LOOKの常連バンドなんかもいろいろ聞いてみたりしていた。ハラフロムヘルという異様な名前を見つけてマイスペースだかなんだかで試聴した。名前怖ぇけど曲いいなぁ、名前とイメージ違うけど、などと思ったりもした。その後何度ライブを見て、何度共演したのだろうか。覚えていないが、頭に曲が刷り込まれるくらいには回を重ねていたのだろう。ハラフロムヘルが歩んできた軌跡の上には、我々ワウパンも少なからず乗っかっていたのだ。その果てに肉山が加入し、今、俺の眼の前で、ハラフロムヘルで素晴らしい演奏をしているではないか!

以前、俺って数年前何やって日々を過ごしていたんだろうなぁ、などと考えることがあった。バンドをやっていたのだ。ああ、なるほどね〜。という感じ。別段無為に過ごしていたわけではなく、当時は当時でそれなりに熱意を持ってバンドをやっていたではないか。
そう考えると、どことなく救われた心地がして、たいへんに素晴らしい精神状態になった。

セットリスト18曲、アンコール5曲、合計23曲もの曲を演奏しきり、ハラフロムヘルの単独公演は幕を閉じた。ステージ上には身を刺さんがばかりの熱気が未だ渦を巻いているようであった。

彼らの単独公演からは、多くのことを思った。
本当に素晴らしかった。私的なことばかり書いていたが、演奏も今まで聴いた中で一番に思えた。そして圧倒されるほどの気迫があった。
これからもハラフロムヘルが心底楽しみである。

2016年10月13日木曜日

24. 個人でやる名前考えた

ブログを放置してからおよそ1ヶ月半程度?でしょうか。
そろそろワウパンの活動が停止してから1年くらい?もう忘れたが、水原がいなくなる的な話がこれくらいからあったような。
みなさまいかがお過ごし?とりあえず「はい、お腹痛いです」、みたいなことを言えるのは小学校の朝の出欠確認の時くらいまでなのか。俺はそんな感じだった。

ブログ書くことがない、みたいなのは今までけっこう言ってきたような気がするけれども、それは圧倒的に自身の能動的な姿勢が足りんからだ。

日々の生活のさまざまなところに注目してみればきっとドラマがあるもんだ。

さて、バンド任期が満了してからというもの、自身の生活を充足すべく、のらりくらりとひとりで音楽を作ってきたのであるが、ここはひとつ箔をつけよう、ということでソロプロジェクト的な名義を考えてみた。その名、「The "V" Cinema Empire」。
これからはこの名前を使って音楽を作ろうかなと考えている。

先立つものが欲しくて、暫定的なロゴ考えた。ものがあると会話が進む。

どう展開するのかは全くの未知数であるが、まあいいのかね。
いろいろが加速している昨今ですけれども、のんびりとやりたい、というのはゆとり世代・はたまたさとり世代の考えか。

まあ尺度というかものさしはひとつではないんで、それもいいですよね。
ひとつまあ、みなさまよろしくお願い致します。

ものさしといえば、最近おもしろかったものさし。台湾のものさし。
台湾は「cm」とかでなくて「尺寸」で長さを表す文化が色濃く残っているようだ。
それで、それぞれの長さには吉兆を表す言葉があって、「その長さだとこれこれだから縁起が悪い」みたいなのがあるらしい。

やっぱり尺度いっぱいあるのは選択肢とかも多くていいのかもしれない。多いのもこまりものだが。画一的な社会は便利な反面怖いところもあるよなぁ。まあその転覆やそこからの脱出は望んでいないが。

こんなはなしはやめよう。
最後まで読んでくれた稀有なみんな、よろしくね〜( ^ ○ ^ )/

2016年8月25日木曜日

23.夏だった

青木です。
夏もなんだか終わってきた感じがしていて、もはや2016年も終わったかのような心地。
でも夏はなんだかセンチな気持ちともに気分下がるから少し助かるなぁとも思います。

というわけで、夏っぽい曲を作り、このまえウェッブにあげた。
SoundcloudのみならうずYoutubeアカウントにも曲をあげてみたので、今回はそれをはっつけてみたいと思う。再生回数はまだ一桁だ!

   

個人的には先ほど申し上げた気持ちを体現してしまった気がしなくもない。
この夏、感じたことは刺激みたいなものは最果てがなく、それなりにちょっとやばいな〜という感じ。夏の刺激は割と強いんで、そういった考えに至ったようだ。
結果的になんとなく、さりげなく自身のセンスを低刺激で足るように仕向けていきたいなぁという刺激を自身に注入している矛盾であーる。
この曲は結構勢いに任せて作った感があり、個人的には刺激が強いので、自身で音とかをチェックする際にハラハラしていた。
音楽とはかなり刺激をもたらすもんだが、低刺激なやつってどんなだ。

その辺をちょっと考えている。

その辺のことでもってCDを作りたいなあとも考えている。

それで、結局この間サマソニの夜に行って、かなり刺激的だったので、やっぱりこれだな!とも思ってしまった。

自己矛盾を抱えながら生きるのも己であることよ。人間はコンピュータじゃないやい!などと思いながらも結果的に、かなり濃いめな、1か0か的議論に陥るあたり、どうかしたいところのものであるのだった、という夏だった。

2016年8月9日火曜日

22. 腹減るに肉山がイン!!

毎日暑いですね。青木です。
冷静になってみれば、もう消えたバンドで、ブログというかなりきわどいあたりのものを書くのはあれだな。涼しげだな。

そういえばな話なのかもしれないが、我々の元バンドメイツで、バンドで一番身長も高かった肉山がハラフロムヘルに入ったそうだ。


俺はハラフロムヘルが好きだし、肉山のこともそこそこ好きなので、そこを乗算すれば、とてもいい感じになりそうなもんだ。

こういうのもアレだが、肉山はバンドの曲もいっぱい作っていたし、ジャケットとかもかけるし、ドンキーコングのクリアの仕方も教えてくれるようなやつなので、彼がハラフロムヘルでどう立ち回るのか、大変に興味深く思っている。たぶんなかなかいいのではなかろうか。
肉山とはそれなりに長い付き合いだし、思い出もいっぱいある。大変に感慨深い。
彼がいい形で音楽に携われることを純粋に嬉しく思うよ。


そういえば、肉山でなくて内山だね。
これからはウチヤマだね。

2016年7月13日水曜日

21.Ne・Mu・Mi〜☆

「ねむみ〜」みたいな言葉、違和感あります。
朝6時台ということも相まって、眠い感じはしますね。
最近は夏っぽくなってきたので、眠りが浅い気がする。

夏風邪、先日かかりまして、本当に治らないもので5日くらい高熱が続いた。
相変わらず蒸しパン、ポカリ、プリンが最強かと思って摂取したりしたがそれでもいけなかった。いまは免疫を高めるため、ほぼ毎日おそばをいただいております。

昔、八王子ラーメンを食いに行ったらテレビの取材が来ていて、友人がコメントを求められ「おそばのようにツルッといけます」と答えていたのがミョーに心に残っているが、実際にそばを食うとあんまりツルッて感じじゃないなあと思います。

昔はそばがあんまり好きではなかったが、そばは免疫を高めるときくし、夏なんで、ぽいかなぁと思っている。そばが体にいいとかその辺の話はお母さんとか、惣菜屋のばあさんとか、その辺の人に教えてもらったら一番良かったかもなぁとも思うが、そんなこと考えながらスマホをいじっているの。今日も。

なーんか、違和感。

バンドやってないけど、いらないものを売りさばいた金でエフェクターとか新調してます。ライブとかはわかりかねるが、やっぱり音源とかは録っていきたいなと思うので、よろしくお頼み申す。

曲とか作ってるときは、無心になれるというか、違和感とか消えかかるので、楽しいでっす!!